陸っぱりエギンガーのblog

陸っぱりエギングのアオリイカ釣果記録を綴っています。

カテゴリ: エギング

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ


釣行日 : 3月24日 ~ 25日
時間  : 22:00 ~ 09:00
潮汐  : 中潮
満潮  : 00:02
干潮  : 05:50
場所  : 長崎県松浦→佐賀県唐津市鎮西町

仕事に忙殺され気が付けば前回の釣行から1ヶ月以上が経過していました。

仕事ばかりでかわいそうだと同情した妻が、

「無条件出撃許可」を下さいました(´∀`*)


突然の出撃許可で最近の釣果情報が無い状態でしたが、妻の気が変わる前に自宅を飛び出しました。

向かうは松浦A級ポイント。


久しぶりに道中魔界へ寄り、最新餌木をチェック。

飛距離が出る餌木とか、

8秒で1mしか沈まない餌木とか、

何だかすごい餌木が発売されていました。

ワタクシ、飛距離には自信がありましたので、

今回はスーパーシャロー餌木を購入。


P1050258


私はYAMASHITA派ですから。



取りあえず釣り座が空いている事を祈りつつ現地に到着してみると・・・、

なんと、

無人Σ(・ω・ノ)ノ

おかしい。。。

この場所で今時期に貸切だなんて。。。

それでも遥々来たので、いつもの釣り座にエントリーしフルキャスト。

飛んでいく餌木の背景に見える煙突からは、

煙が、

出ていない(゚∇゚ ;)!?

出てない様に見えるだけかなぁと自分に言い聞かせ、

戻ってきた餌木を触ると、

氷の様に冷たい。。。

もしかして毎年恒例のメンテなのかと考えていると後行者さんがいらっしゃり、

「先週から施設はメンテで稼働していませんよ。」ときっぱり。

大失敗です。

こんな遠方まで来て。。。

どうしようか悩んでいたら、足元を泳ぐ魚影を発見。

回収する餌木を魚影にぶつける様に餌木を通してみたら、


P1050260


釣れちゃったメッキ鯵。

まぁ、どうでもいいんですが。。。


仕方が無いので移動を決意し、一路、加部島へ。

最近、このパターン多過ぎて自分でも嫌になります。


ここでも不思議な事に釣り人が少ない。

少ないというより殆どいない。

赤灯台の波止は貸切状態。

せっかくきたので竿出してみますが、釣れる気配がない。

数投で見切りをつけ県外ホームへ移動。


案の定、県外ホームも貸切状態。

しかし、夜光虫は大量。

外海に投げても遠くまで光のラインが見えます。

いくらか夜光虫の影響が少なそうな波止の先端からキャスト。

3投目でラインに微妙な違和感を感じて、

半信半疑の鬼合わせ。

引きは無いけど、何か釣れているみたい。

そろそろ海面に見えてくるかなぁって所で、

その何かは回転し始めました(≡ω≡.)


P1050261


相当な猫背の悶々でした。。。


しばらくすると夜光虫の影響が収まり、潮が動き始めました。

取りあえず、ボトム付近を水平フォールでアオリを狙っていたら、

ひったくる様なアタリ。

ピシャッと合わせて釣れたのは、


P1050264

40cm近い良型のヤリ。

もしかしたら回遊来たかもと期待し、同じように誘ってみると、

お決まりのサイズダウンが釣れました('д` ;)

4号餌木を水平フォールし続けるのはしんどいので、道中で購入したスーパーシャロー餌木を投げて放置していたら、

サクッともう一杯追加。


P1050266


地合かとも思いましたが、その後が続かず結局3杯だけ。




朝マズメは以前から気になっていた地磯があったので、移動して朝日と共にキャスト開始。


P1050269


水深はありませんが加部島並に潮が流れています。

雰囲気は良いのですが生命反応無し。

すっかり夜も明けて海の中が見える様になってきた頃、

私の餌木めがけてダッシュしてくるターゲットを肉眼で補足。

サイズは500ちょいくらいでしたが、

居る所には居るもんですね。

しばらくサイトで格闘しましたが、もう少しの所で抱かない。

もう少し時間があればという思いもありましたが、仕事のため渋々磯上がり。


次回こそ此処でアオリさんを釣ってやるぜ(・∀・)


本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ


釣行日 : 2月14日 ~ 15日
時間  : 21:00 ~ 09:00
潮汐  : 若潮
干潮  : 23:30くらい
満潮  : 06:30くらい
場所  : 長崎県松浦→佐賀県唐津市鎮西町

昨晩、ウチの奥様から『帰宅時唐津バーガー購入条件付出撃許可』が出たので何となく出撃しました。

いつもの松浦ポイントからスタート。

先行者多数。。。

取りあえず釣り座を確保するも海面には夜光虫がピカピカ。

ついでにヘッドライトを点けたままシャクるエギンガーがウロウロ。。。

潮もタルタルで、

全く釣れる気がしない(´・ω・`)


気分転換に移動を決意。

たまには鷹島の地磯に行ってみるかという事で、

松浦から55kmを気合いで走破し、無事に鷹島の地磯へ到着。

先行者無し。

一番潮通しの良さそうな釣り座からキャスト。

しかし、2投目で痛恨の根掛かり。

頑張って救出を試みるも、

PEからプッツン(TДT)

足元オキアミだらけの深夜の地磯でノットを組んでいると心が折れそうになります。

そして、

しばらくキャストしているとラインに違和感。

リールを見ると立派なアフロが出来ていました(泣)

どう見ても解く事は出来なさそうなアフロだったので、

泣く泣くPEからカット。

またノットを組む羽目に。。。

根掛かりに注意しながらも「次にPEから切れたら磯上がりしよう。」と心に決めた。

その次で、流れ星を探して空を見上げている間に、

まさかの根掛かり。

頑張って回収を試みましたが、あえなくプッツンさせてしまいました。。。

とりあえず今晩はアオリは諦めよう。

ターゲットをアオリからヤリに変更し、

筒系狙うなら呼子周辺かなと思い、唐津市鎮西町まで戻ってきました。

が、

私が知っているメジャーポイントは、人が多過ぎて竿出しする場所がない。

何処に行っても人ばっかりで、

だんだんヤル気が無くなって、

今晩の釣果なんかもどうでもよくなってきて、

でも、せっかく来ているので竿出さなきゃ勿体ないので、

ホゲるの覚悟で無人の地磯へエントリー。

当然、先行者無し。

群れが入る事を願いつつ表層から中層で餌木を通し続けましたが、

音沙汰無し('A`|||)



少し釣り座を移動しシャクッていると


微妙なアタリ!


すかさず合わせてフッキング(・∀・)


引きの弱さから、


釣れたのはヤリ。



P1040982


胴長30cmくらいですが、今宵は貧果の為、


当然、キープ。



そして同じポイントへキャスト。


フォールカウントも先程と同じでシャクると・・・、


案の定、ヒット!


さっきよりも少しサイズアップ(*´∇`*)



P1040983



この地合であと5杯くらいは抜いてやるぜ!と息巻き同じポイントへキャスト。


すると何時の間にかエントリーされていた後行者さんが私の投げているポイントへ


躊躇なくラインクロス攻撃。


そして、


ガッツリとお祭り。。。


かなりムカつきましたが、大人の対応で処理。


それより急いで餌木を投げ込まないと。。。


しかし、時すでに遅し、


その後は異常無し。


久しぶりに私のヤル気スイッチがブレーカーごと落ちました。


一晩走り回ってヤリ2杯とは。。。('A`|||)


狙いのポイントにさえエントリー出来れば、もう少し、まともな釣果が出せたかもしれません。


週末は人が多いので次回より平日釣行を検討しようと思いました。


本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

昨晩、いつになく上機嫌の奥様より『条件付き夜間出撃許可』を拝受し、懲りずにまた松浦まで遠征してきました。

釣行日 : 2月5日
時間  : 00:00 ~ 09:00
潮汐  : 大潮
干潮  : 03:40
満潮  : 09:59
場所  : 長崎県松浦市

出発前に天気予報をチェックした所、曇り時々雨、西の風4mと気にするほどの崩れではないと思いながら現地に到着してみると・・・。


やっぱり、


大荒れ(;´Д`)


時折、よろめきそうになる位の強風が西から北からと交互に吹付けています。。。


しかし、そんな中でも肚の座った先行者さん達はいらっしゃいました。


私が準備している間に雨が降り始め、やがて雪に変わっていくと、


先程、感心したばかりの先行者さん達の姿は無く、


残ったのは、私、一人だけ。。。


私はゴアテックスの上にコンビニ合羽を羽織るので、


雨とか雪とか気にしませんしない様にしています(´・ω・`)



取りあえず、いつもの釣り座に入り、西からの向かい風にフルキャスト!


4号餌木でも飛ばない。


しかも向かい風のせいで餌木の戻りが早すぎる・・・。


この環境は久しぶりにホゲの匂いがしてきます。


アタリが取れるのは足元に寄せてきた時の最後のシャクリくらいで、


餌木が離れている時は、強風が私の意思とは無関係にラインをひっぱり、


オート水平フォールをしてくれている様です。


しかし風任せではアタリを取ってくれないので、


自分で水平フォールしていたら、


ラインが、


「ゴフッ」と入り、


反射的に合わせてフッキング!


ほら、頑張っていたら良い事あるんですよ。


力強い小刻みな引き具合、


もう少しで海面に見えてくるかなぁってタイミングで、



強烈な西風と北風が交互に吹付け、



体が揺さぶられて釣りどころではありませんでしたが、



この貴重な1杯をバラすまいとラインテンションだけは緩めない様に頑張って釣り上げたのは、



今シーズンのアベレージ700g位の、




・・・、









P1040907


悶々。。。ヽ(#`Д´)ノ



はぁ。松浦まで悶々釣りに行く基地外は私くらいでしょう。。。


そもそも、この松浦のポイントでは、アオリシーズン終了時に釣れ始める悶々。


悶々の到来はアオリシーズン終了を告げる招かざる使者。


まだアオリも始まっていないのに何しに出てきちゃったのかしら??


ここ最近の渋い釣果を全て悶々のせいにしたくなってきました。。。


しかも突風が納まるまで、水際で悶々と格闘しちゃったので、


釣り座の正面の海面は真っ黒。。。


何だか釣れる気がしなくなったので、一旦、車に戻り作戦を練る事に。


天気予報では、この天候や風が良くなる気配は無し。


おそらく雨が降っている間は、他の釣り客も来ないだろう。


風が強すぎて潮が動いているのかどうかも良く分からん状態。。。


となれば、きっと潮が動くだろう干潮から上げに変わるタイミングしかない。


干潮まで1時間ちょっと、


車内待機で自分に暗示をかけます。


また悶々がアオリは釣れる(´∀`) 」 と・・・。


万全のメンタルで干潮時間よりシャクリ始めます。


雨が止んで、時折、雲の切れ間からお月様が見えたり見えなかったり。


風も安定した向かい風になりました。



それからしばらくして、何となく潮が効いてきたかなと思い始めた矢先に、


「パチッ!」と烏賊パンチらしきものを感じ、


足元まで丁寧にシャクッていたら、


グッとラインが入り、


竿先が絞り込まれます。


次は引き具合から間違いなくアオリです。


で釣れたのは、



P1040909


500gちょいの本命アオリさん。


サイズこそ小さいですが、多くのエギンガーが撃沈されて去ってゆく今晩としては貴重な1杯。


ちょうど、これを釣っている最中に車でやって来られたエギンガーさん達に目撃されてしまい、


「今日は釣れるんだ。」と誤解を与えてしまったようで、


貸切状態だったポイントのエギンガー密度が一気に上がってしまいました。


釣りにくくなったのとホゲ逃れの1杯を釣って安堵したのか、


猛烈な睡魔に襲われ、


車に戻って仮眠。


起きたら、


何と朝8時Σ(・ω・ノ)ノ


すっかり朝になってしまいました。


貴重な朝マズメタイムを逃して心が折れてしまい、帰る準備をしていたら、


このポイントにいつもいらっしゃる常連オジサマから声を掛けられ、


ここ数日間、連日昼間にキロアップしている釣り座を教えてもらいました。


なんと昼間にキロアップ(゚∇゚ ;)エッ!?


それは挑戦せんばやろ!という事で、


1時間限定の残業エギングを開始しました。


足元まで寄せていて驚いたのが、


この時期にワラワラ艦隊が出現してきたことでした。


100g~300gぐらいのロリが10杯くらい群れて、私の餌木めがけてダッシュしてきます。


これは沖漬けファンにはたまらん光景だろうなと思いつつも、


私の狙いは、あくまでキロアップ。


ロリに本気を出している場合ではありません。


向かい風にフルキャストして、ボトムをとってデカイのがアタックしてくるのを待ち構えますが、


アタリすら無し。。。


時間も無くなってきたので、とりあえずワラワラ艦隊で一番デカイのを連れ去ろうと思い、


誘っていると、


狙いのアオリが、真っ黒になるほど喰い気を上げて、私の餌木を追いかけてきます。


もう少しで抱くなぁと思った瞬間。


近くにいた超マイクロが横入り。


4号餌木で100g無いスーパーロリを乗せちゃいました(涙)


オートリリースしようとしましたが、しっかりフッキングが決まっているようで外す事が出来ず、恥ずかしいので誰にも見られない様に注意しながら抜き上げてリリースしていると、


その一部始終を常連オジサマに目撃されていたようで、


爆笑される始末('д` ;)


完全にやる気がなくなり撤収しました。


最近、私の地元糸島でも細長いのが始まった様なので、渋い釣果と分かっていて遠征するより、糸島で数釣りもありかなぁ。。。

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

年末から前回までの釣行でウチの優しい奥様が終にキレてしまい、『釣り禁止令』が発令されてしまいました(TДT)

ウチには手の掛る幼児がいるので当然と言えば当然。

今までの愚行を反省しつつ真面目に仕事と家事手伝いをしている私を憐れに思われたのか・・・、

「夜釣りに行かれるのは嫌だけど、昼間だったら行っていいよ。」と、

『釣り禁止令』が『条件付き出撃許可』に緩和されました(・∀・)

しかし、

しかしです。

エギングしかしない、しかもアオリしか狙っていない私に今時期dayエギングを許可してもらっても仕方ありません。。。

この時期、昼間に陸っぱりからアオリが釣れる場所は、

え~っと、

え~っと、

あるのでしょうか??

私の知る限り、思い当りませんヽ(TдT)ノ

せっかく頂いた『条件付き出撃許可』でしたが、出撃先を見つける事が出来ず、また悶々とした日々を過ごしていたら、

「何で釣りに行かないの?」と奥様に尋ねられ、

昼間は釣れる気がしないという事と何故、夜に烏賊が釣りやすいのかという事を丁寧に説明した所、特別にnight出撃許可が下りました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

前置きが長くなりましたが、先日の釣行結果になります。

釣行日:1月31日
潮汐 :中潮
満潮 :19:06
干潮 :25:23
場所 :長崎県松浦

前回、渋かった松浦のA級ポイントでリベンジする為に片道80kmを疾走。

20:30過ぎに現地入り。

雨こそ降っていませんが、嫌な横風が吹きつけています。

先行者はスッテでアオリ狙いの常連オジサマ1人。

挨拶を交わし隣に入らせてもらいます。

オジサマは夕マズメから入っているそうですが、今日は誰も釣れていないとボヤかれています。

特に今年は遅れているのか、個体数が少ないのか、去年と比較して型も数も渋すぎるそうだ。

横風と同じ方向に潮が流れているので、すぐにオジサマの電気浮きが私の前に流れてきます。

私の釣り座は、すぐ横にブイがあるので、気持ち良く流していたら、

もれなくブイが釣れます。

横風のせいでストイックな環境ですが、時折、横風が弱まったタイミングでラインテンションに細心の注意を払います。

こんな事を1時間くらいやっていたら、

疲れて萎えました(´・ω・`)


諦めて帰ろうかと思った時に、

オジサマ、夜食の為にしばらく休憩との事。


(゚∀゚)


このタイミングは逃せません。


多少の横風でもキャストスペースがあれば、何とかアタリを取る方法はあります。

取りあえず、本気モードという事でYAMASHITA餌木王K4号を装備します。

ラインスラッグを出さない様にサイドスローちっくに遠投。

ボトムから中層をダートさせます。


数投目でラインに違和感を感じ合わせますが、


横風のせいでした。。。


しかし、足元まできっちりシャクリ寄せていると、


ひったくるアタリ。


ピシャッと合わせたつもりでしたが、フッキングに至らず。


次も同じコースを同じようにシャクっていると、


ラインに違和感。


確信はありませんでしたが鬼合わせ(`・д・´)


ナイスフッキング。


なかなか力強い引き具合で釣れたのは、



P1040866


800gで残念、キロタリナーズ ('A`|||)


しかし、周りが渋い中では貴重な1杯。

取りあえず、アオリが居ると分かれば、自然とモチベーションはUP。

サイズアップを狙います。


横風でラインが流されない様に竿先を海面に付けてアタリを取りやすくしていますが、

干潮に向かい潮位が下がっている為、私の姿勢は中腰。

いい加減、腰が壊れそうです('д` ;)

が、

オジサマが釣り座に戻ってくるまでの限られた時間。

サイズアップの1杯を釣る為に我慢します。


遠投からの3シャクリ目で、


ラインをひったくる明確なアタリ。


サクッと合わせてフッキングさせますが、


引きの弱さから何となく予想できます。。。



P1040867


2杯目お決まりのサイズダウンで400g (≡ω≡.)


これを上げた所で、オジサマが釣り座に戻ってこられました。

取りあえず、2杯釣ったし、横風で釣りにくいし、

で、

撤収しようかと思いましたが、時間は24時前。

全然、帰り道ではありませんが、いつもの鎮西町の県外ホームを偵察しようと移動する事に。

松浦のポイントから県外ホームまで45km。。。

頑張って運転し、県外ホームに到着。


なんと・・・、


満員御礼Σ(゚д゚;)


加部島並に細長いのが釣れてるのかなと期待し、最寄りの先行者さんに釣果を伺いますが、

「何も釣れません。」との回答。

しばらく眺めていましたが、

確かに、

誰も釣れていなさそうでした (´д`;)


貧果ですが連勝記録に土を付けたくないので、

負け戦は回避し帰宅しました。。。

深夜の長距離ドライブはしんどかったです。


次回もnightエギングへ行かせてもらえる様に真面目に慎ましく生活しようと誓うのであります(p_q*)

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

1週間前の釣行結果を今更の更新です(´・ω・`)

釣行日: 1月14日~15日
時間 : 23:00~07:30
潮汐 : 長潮
干潮 : 21:14
満潮 : 04:06
場所 : 長崎県松浦市

出撃前から分かっていましたが・・・、


天気は、

大荒れ(;´Д`)



もしかしたら現地は、天気良いかも。。。

なんて期待しながら片道80kmを疾走。

さすが天気予報。

予報通りバッチリ大荒れでした。

当然、先行者無し。

こんな天気に遠征しちゃった自分の愚行に身震いしながら身支度を済ませ、

いざ、ポイントへ。

強烈な風が正面から横からと吹付けます。

加えて雨も。

湾内ですが激しくうねっています。

もう何をしているのか分からない状態。。。

心が折れそうになり、

何度も車に戻っては待機しますが、

ここまで遠征しておいて車でTV観てても仕方ないので、

再度、釣り座へ戻りキャスト('д` ;)


自身の格好を客観的に見て、

例えるなら、

台風レポートの人が釣竿持って立っている感じ。

そんな自分の酔狂な行動に笑いが出てきます。

心が折れるというか、

心が壊れる瞬間でした。


そんな奇行を数時間続けていると、

数十秒間ですが風がやむ時が出てきました。

ただでさえ、爆風でアタリなんか取れない状態でしたが、

無風になった瞬間に全ての集中力をラインに注ぎます。


偶然、ゴワっとした感じが分かり、

いつも通りの鬼合わせ(`・ω・´)

で、

ナイスフッキング(・∀・)

サイズは300gちょいでしたが、今日のこの天気で釣れた1杯は超貴重。
(雨が凄かったので写真は取れませんでした)

諦めずに頑張ると良い事あるみたいですね。

アオリが居ると分かっただけで、少しモチベーションが回復し、

次のサイズアップを狙ってシャクリ倒します。


しばらくすると小雨になり無風の間隔が長くなってきました。

それでもうねりや横風の影響で餌木を通せる範囲は限られていましたが、

足元までしっかりダートさせていると、

ラインをひったくるアタリ。

ピシャッと合わせて、ナイスフッキング(´∀`)

引きの強さからサイズアップは確定。

足元に見えた時は、「キロあるんじゃ?」

とも思わせられましたが、


20150115_015158


背丈の割にスリムな650gでした(p_q*)シクシク

見た目だけならキロありそうだったんですが。。。


その後、また横風が吹き始めアタリが取れなくなったので納竿。

長時間、雨に打たれて気力と体力の限界を感じました。


このポイントは来月になると松浦でも超A級ポイントになる場所。

今回は昨年の釣果を思い出し、調査を兼ねて様子見に来ましたが、

まだ早かったみたいです。


しかし年が明けてからというもの、いよいよ仕事が忙しくなり、次の出撃計画が全く立てれませんが、

次こそキロアップ(≡ω≡.)出来たらいいな。。。


明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します(*・ω・)ノ

今年初めてのエギングでガンセキ退治を行うため加部島まで遠征してきました。

釣行日:1月3日~4日
時間 :24:00~07:30
潮汐 :中潮~大潮
場所 :唐津市呼子周辺~鎮西町周辺

今回は久しぶりにNさんも同行しコラボエギング。

風向きが良さげだったので加部島から釣行開始。

のはずだったのですが・・・、

狙いのポイントには先行者多数。

仕方なくここでのスルメ退治は諦め、呼子大橋の麓へ移動。

先行者さんがいらっしゃいましたが釣れていない様子。

数投しますが、同じくアタリすらありません。

スルメ退治をしたかったのですがいないのでは仕方ありません。

時間が勿体ないので、ここも早く見切りをつけて、干潮からの上げ潮狙いで県外ホームへ。


県外ホームへ到着。

無人と思いきや、

先行者有Σ(´д`;)

1番ポイントに電気浮きが見えます。

聞けばスッテで筒狙いだそうです。

ここは昨晩スルメが暴れていたようです。

が、今日は釣れてないみたい。

今日はどこもスルメは留守の様です。。。

しかし、キャストしようにも外海からワンドへ入る潮の流れにのって、電気浮きが真横に移動してくるので、とても餌木を投げ込める場所はありません。・゚・(ノД`)

移動しようかとも思いましたが、今晩の風向きから考えるとここがベスト。

足場もしっかりしているので、dayエギンガーのNさんにとっても好条件。

厚かましいとは思いながらも、先行者さんにお願いし私達のキャストスペースを分けて頂きました。

「オジ様、親切にして下さり、ありがとうございました。」ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ

スッテのオジ様の隣からキャスト開始。

釣りもしながらオジ様に今日の釣果を尋ねた所、


「さっきスッテに500gぐらいのアオリイカが乗ってきたんよね。」と・・・。



・・・スッテにアオリが (´・ω・`)?



もしかして今晩は、



( ゚∀゚) 高活性ですか――!?


そんな情報を聞いちゃうと電気浮きを気にしながら、

狭い釣り場で窮屈に釣ろうなんて思いません。

こんな狭いところでシャクらなくても障害物を超えて波止先端まで行けば竿抜け1級ポイントばかり。

Nさんをオジ様の横に置き去りにして私は竿抜けパラダイスへ旅立ちます。

ここの時合はとにかく短いので決めたら即移動が大切です(`・ω・´)


最初は波止半ばのコーナーから沖に向かってフルキャスト。


僅かに潮が動いているように思えます。


全層シャクリからボトムをとって、控えめなダートを繰り返していると、


グッとラインが入り、


ピシャッと合わせてフッキング(・∀・)


幸先良い1投目でしたが・・・、



20150104_020755


残念、300gちょい('A`|||)



それから少しカニ歩きしては餌木を投げて様子をみます。

しばらくすると追い風になり、餌木が遠くの潮目まで飛ばせるようになります。

ラインテンションには十分、意識を集中していますが、

ぼんやり空を見上げて月を見ながらダル~くシャックていたら、

コツッと、

嬉し恥ずかしシャクッた乗ったで、


20150104_022105

推定200gくらい(汗)

毎度、お決まりサイズダウンでした。。。

ロリ釣っても仕方ないので、本命の波止先端へ移動。



波止先端はベタ凪とは言いませんが、時々、微妙な感じで潮目に見える様な見えない様な流れがあり、


取りあえずその中へキャスト。


すると2~3回目のフォール中から、ラインがゴワゴワ。。。(・∀・)


疑わしきは鬼合わせという事で、


ピシャッと合わせて、


フッキングが決まり、



20150104_030918

何とかサイズアップの500gちょい (´∀`)

それからしばらくアタリすら無くなり、ふと見るとスッテ師さんが帰宅されています。



とりあえず、スッテ師さんのポイントへ戻ると、

NさんがいないΣ(・ω・ノ)ノ

あまりの寒さに耐えかねて車内待機されていました(´∀`*)

とりあえずスッテのオジ様のいた場所から餌木を投げてみると、


1撃 (*´Д`*) 
(写真撮り忘れました)


釣れたのは400gぐらいでした。

スッテ見ながら活性上がってきてたんでしょうかね?

サイズアップを狙い、同じポイントへキャスト。

ここでの経験から干潮時はボトムを丁寧に探ると良い事が・・・、

ってまさかの、

根掛かり(泣)

何とか回収しようとしましたが、

スナップからプッツン。。。

切れ方は良かったのですが、

本日のMVP餌木「YAMASHITA 餌木王K 赤/オレンジ/夜行」と何とも欲張りなカラーの餌木をロスト(/TДT)/

ここへ来る途中に仕入れたばかりだったのに。。。



しかし落ち込んでばかりもいられません。

時間的に朝マズメの上げ潮タイムに突入(・∀・)

いつもの餌木王Kオレンジを装備して、


今日もバシバシ釣って・・・・


やるぜぇ~・・・


ぜぇ~ (;´Д`)



1回だけアタリは有りましたが、

何事もなく朝マズメの上げ潮タイム終了。

どうやら今日は干潮までが勝負だったようです。

干潮時にさっさと納竿されたスッテのおじ様。

その見切り御見事でございました。

私も早くその域に行きたいものです。。。


すっかり朝日も昇り、満潮まで頑張るか納竿するか迷っていた時に、

Nさん、まさかの根掛かり。。。

根掛かりからの餌木回収率に自身のある私がNさんに代わり悪戦苦闘。

しばらくして海中でガッツリとフッキングしている何かごと寄せる事に成功(・∀・)

上がってきたのは根っこ付の海藻。

よく見ると・・・、

この海藻には、

先程、私がロストした餌木王Kが付いているではありませんか(゚∇゚ ;)エッ!?

Nさん、ミラクルです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

お陰様で何とか今日も餌木ロスト無し。

干潮から満潮まで釣果も無し。

で納竿しました。


さて、今年も渋い釣果をボチボチ更新する感じになると思いますが、

どうか皆様、今後とも「陸っぱりエギンガーのブログ」を宜しくお願い致します(*^・ェ・)ノ

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

今年最後の釣行に行ってきました。

釣行日:12月29日~30日
時間  :23:30 ~ 08:00
潮汐  :小潮 ~ 長潮
干潮  :23:22
満潮  :05:38
場所  :唐津市呼子~鎮西町周辺

今シーズンのキロアップ、もしくはサイズアップを狙い、以前から気になっていた加部島からスタート。
yahooの風予報がピシャリと的中し、日付が変わる頃には微風。
何処でも餌木を投げれます。

サイズアップ狙いの為、外海へ投げたくて漁港横の赤灯台にスタンバイ。

先行者は浮き釣り師が1名。

・・・いるはずだが、釣り道具1式置いて無人。

なるべく先端付近で投げたかったのですが、先行者さんと話が出来ないので仕方ありません。

波止の真ん中くらいから外海へフルキャスト。

さすが加部島!

小潮でも潮バリ効きです(´∀`*)

ボトムとってからの全層シャクリを入れてテンションフォール。

1投目の1シャクリ目で明確なアタリ。

ピシャッと合わせてフッキング。

元気は良いですが引きが小刻み・・・Σ(´д`;)

ちょっと嫌な予感していたんですが・・・、

私、加部島には来ないだろうと思い込んでいました。。。


20141230_230315


スルメイカ・・・(没)


まさか、群れてんじゃないだろうか・・・?


不安な気持ちを抑えつつ、先と同じようにキャスト。

ラインに微妙な違和感を感じて、

鬼合わせ!

で、ヒット(・∀・)

引き具合からアオリイカである事は確定ですが、

ここでも、


20141230_231728


ロリでした。。。


その後、数投しますがアタリも無くなり、

浮き釣り師が増えた事でキャスト出来るポイントが少なくなったので、

移動する事に。


今晩の風向きから移動先は、

県外ホーム決定。


そして、ホーム到着。

相変わらずの無人。

ここは長潮らしく殆ど潮の動きが無いので、

波止の先端へ。

外海と湾内の流れがぶつかるポイントへキャスト。

1投目の2シャクリ目で、

ラインに微妙な違和感を感じた、

刹那、

体が勝手に条件反射で、

鬼合わせ!

ナイスフッキング(´∀`)

今晩の私、冴えているみたいです。


20141231_021413


元気が良かった割に小さい400g。

狙ったポイントで釣れると嬉しいものです。


次は波止に沿って流れる潮と波止にぶつかる潮が混じって、

何かモヤモヤした所へキャスト。

数回目のシャクリでラインをひったくるアタリ。

ピシャッと合わせて、


20141231_023627

お決まりのサイズダウン350g。


それでも珍しく今晩は活性が高いようです。

再度、同じポイントへキャストし水平フォール中に、

重さを感じて即合わせ。

乗ってはいますが、フッキングしてない感じ。

案の定、寄せている最中でバラシちゃいます('A`|||)


活性が高いという事は、ボトム取らなくても中層あたりを流してたら釣れるのでは・・・?

と根拠のない自論が芽生え実践していると、

何か乗りました。

引きは殆どなく、

寄せていると、それは回転しています。

まさかと思いましたが・・・、


20141231_031326


名前忘れた。。。


取りあえず、これをリリースしてからしばらくの間、

まともなサイズが出ません。

ボトムで乗せようが、中層や表層で乗せようが、

ロリばかり(´Д⊂)


しばらく休憩して朝マズメ前から、改めてエギング開始。

天気予報通り、風向きが嫌な方向へ変わりつつあります。

取りあえず波止先端からフルキャスト。

ボトム放置中にモゾッてなって、ピシャって合わせて、


20141231_034806


胴回りが太いギリ500g。

間もなく朝マズメのゴールデンタイムという所で、

マズメ特等席へ移動。

居れば1発目から乗ります。

渾身のフルキャストから数回目のシャクリで、

ゴフッとラインが入り、

チョイ固めのドラグが、「チリリ・・・」となって、


20141231_050753

今シーズン最高ではありますが、キロ足りない・・・(;´Д`)

その後は横からの強風になりながらも頑張りますが、手がかじかんで餌木交換の際にうっかり、

餌木王Liveサーチを海に奉納してしまった所で納竿。

今回はリリースサイズを含めて2桁釣果となり、今年最後のエギングにしてすごく充実した内容になりました。


20141231_073550


今年もたくさんの方に立ち寄って頂き、大変にありがとうございました。

来年も「陸っぱりエギンガーのブログ」を宜しくお願い致します。

ありがとうございましたヽ(・ε・)人(・ε・)ノ

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

今年も残すところ僅かとなりましたが、あと1回くらい釣行に出ようと計画しています。

またまた懲りずに行ってきました県外ホーム。

釣行日:12月27日~28日
時間 :23:30~11:00
潮汐 :中潮~小潮
満潮 :01:24
干潮 :07:48
場所 :唐津市鎮西町周辺

満潮潮止りからの朝マズメ干潮狙いで出撃。

県外ホームは無人かと思いきや、今日は先行者2名。

釣果を尋ねたところアタリすらないとの事。

取りあえず横に入らせてもらい、しばらくシャクってみましたが、

確かに、

異常無し('A`|||)

本命の場所には先行者さんがいる為、仕方なく漁港内を移動。

今年は全く釣れていない波止の先端へ。

ここは波止にぶつかる流れと漁港内の流れがぶつかり、まれに潮たるみが出来ます。

私の妄想ですが、潮たるみにはベイトが集まりやすいので、それを狙った烏賊もいるはず。

完全に思い込みですが、先端に立った時、潮たるみ発見。

出会いがしらの事故を期待してキャスト。

ボトムをとって2回目のテンションフォール中に、

微妙にラインが引っ張られているような気がして、

潔く、

鬼合わせ(`・ω・´)

フルフッキングが決まったようで、グイグイ抵抗されます。

引き具合からある程度のサイズであることは確か。


しかし、



ここで、




痛恨のミスが!






ドラグ緩めるの忘れてたΣ( ̄ロ ̄|||)


きつめのドラグ設定にしていたもので、

チリリすら鳴かない。

しかし寄せている途中でドラグ緩めるのは怖い。

仕方が無いのでガチガチの状態で寄せてタモ入れ。


20141228_005616

今シーズンベストには届かない650gでした。

その後は嘘のようにアタリすらなくなり。

車へ戻って朝マズメまで仮眠をとることに。


疲れていたのか即寝。

起きたらなんと7時30分。

貴重な朝マズメを逃しましたΣ(・ω・ノ)ノ

ホント大失敗(;´Д`)

きっと次回こそ、あれをDOします

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

年内キロアップをどうにかこうにかならないものかと考えているくせに、

ホゲるのが怖くてロリばっかりの県外ホームで朝マズメ狙い(´・ω・`)


釣行日:12月25日(木)~26日(金)
時間 :01:30~07:30
潮汐 :中潮
満潮 :23:44
干潮 :06:13
場所 :県外ホーム


いつも釣行前に爆釣の妄想だけはしていますが・・・、

ここ数週間で、

確実に渋くなった県外ホーム。


波止についてるイカ墨の跡も、

殆ど更新されていません。


こんなポイントに足しげく通い詰めているのは、

きっと、

私と野良猫くらいです(≡ω≡.)


この時期に本気でキロアップを狙うなら地磯でも行って、

気長に回遊を狙わないといけないのでしょうが、

普段、漁港や波止でしかシャクらない私。

この前の地磯釣行で気が付いたんです。


実はワタクシ、


・・・、


地磯が苦手みたい('д` ;)



理由は色々ありますが、

一番は釣り場の状況が変わりやすいから。。。

当然ですが、漁港や波止と比べると格段に釣りにくい。

釣りにくいとモチベーションが上がらない。

モチベーションを上げてシャクらないと釣れる気がしない等々。


色々、言い訳して県外ホームに引きこもる図式が完成。

この状況を今日こそ、

打破するんだと強く意識して家を出たはずが、

気が付けば県外ホームに来ちゃっていました。。。


早速、波止に上がると、

いつも通りの横風がすごく邪魔。

数投してみますが、アタリも無く、横風で釣りにくいという理由から、

朝マズメに全てを賭ける事にして仮眠。

いつも通りですが、

起きたら6時。

寝坊しました。

それでもラッキーなことに先行者無し(´∀`)

竿抜け状態で、期待高まる1投目。

・・・、

異常無し!

2投、3投、4投と投げ散らかしますが、

・・・、

全くの異常無しΣ(・ω・ノ)ノ

そんな馬鹿な。。。思わず心の声が漏れました。



こんな時、私は釣れない理由ベスト5を考えます。.

5位・・・既に釣られているか、もしくは最初から烏賊がいない。

4位・・・餌木選択ミス。

3位・・・潮が悪い。

2位・・・腕が悪い。

1位・・・こんな日に釣りに来た自分が悪い。

更に、

烏賊ってどうやったら釣れたっけ??

どうシャクれば良かったっけ??

完全に迷子。

しばらく、自身との戦いが続きます。


そして撤収時間も迫ってきた午前7時。

シャクりながら空を舞うトンビに見とれていたら、

何時の間にか足元までシャクり寄せていたみたいで、


20141226_065739



嬉し恥ずかしシャクリ合わせの300g台。

足元で大量に墨を吐かれて、大切なナチュラルカラーが真っ黒に。

色々と不満はありますが、取りあえずホゲ回避の貴重な1杯。


不思議なもので1杯でも釣ると私のネガティブ思考は無くなります。



その10分後に、

モチベーションが上がった私のシャクリに魅了されて、

追加の、


20141226_070645


ロリ。。。(没)

前回同様、この子をリリースしたところで納竿時間。

こんな釣果がパターン化してきてる気がするΣ(´д`;)

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

年内キロアップを目標に時間をつくっては釣行に行き、ブログ更新を怠っていました。。。

どうでもよい釣果ばかりですが、今年の釣行分は全て更新させるつもりです(*´Д`*)

釣行日:12月23日(火)14:30~18:30
潮汐 :大潮
満潮 :10:42
干潮 :16:16
場所 :唐津市鎮西町周辺

このところ爆風続きで思い通りの釣行が出来ないでいたら、この日は微風('▽'*)ニパッ♪

とっとと仕事を片付けて夕マズメ狙いで出撃。

以前から狙っていた地磯に入る事が出来ました。

風こそ微風ですが、

意外に、

うねりが酷い('A`|||)

私ごときの腕ではエギングが成立しません。

それでもしばらく頑張ってみましたが、

やっぱ無理ヽ(TдT)ノ

このまま帰る訳にもいかないので、

いつもの県外ホームへ移動。


祭日という事もあり先行者さんがいるだろうなと思いながら到着するも、

無人.。゚+.(・∀・)゚+.゚

早速、いつもの釣り座からキャスト。

毎度の事ながら居れば1投目で乗ってきますが、

今日は、

残念ながら留守の様です。

しばらくシャクりながら様子を見ます。

辺りが暗くなり始めた18時頃、

ジワっと潮が動きだし。

沖に出来た潮目へロングキャスト。

ボトムから中層を緩急つけたダートで、

サイトまで誘ってフリーフォール中に、



20141223_181359


このポイントでは定番の300gちょっと(´・ω・`)

毎回の事ですが、ここで釣れるのは殆ど300g以下。

小さいのしか回ってこないのかな。。。


その直後に、

同じ様なシャクリで、

まさかの、


20141223_182521


ロリ。。。(没)

今回はこの子をリリースした所で納竿時間。

取りあえず、ホゲ2連続を脱出したから良しとしよう(●´ω`●)

このページのトップヘ