本日も陸っぱりエギンガーのブログにお越し頂き、大変にありがとうございます(*^^*)

今日は以前から疑問に思っている事。

まずは、地合い。
釣りでいうところの地合いは、その日、最も魚の喰いが良くなるタイミングの事を言うのかなと思います。

マヅメや上げ三分下げ七分などが釣りの地合いに当たるのかなと。

ただ私の短いエギング経験だけでいうと全然当てはまりません。

どちらかと言えば、満潮前後2時間や深夜24時から午前2時位に釣果は集中しています。

潮汐も大潮だから良いという実感もなく、大潮からの中潮が1番安定した釣果がある様な気がします。

じゃ、地合いって何時だろ?

また、大潮・晴天・無風と言った「釣り日和」で釣果が良かった事がありません。

逆に強風や雨などシンドイなと感じるコンディション時の方が釣果は良かった気がします。

釣り日和って何だろ?

釣りがし易い日と釣れる日は、全く違う様な気がするし…。

ホント釣りって奥深いですね。

今は経験が少ないので何とも言い難いですが、これから5年、10年と自身の釣行から
学んでいけたらいいなと思います。

画像1

写真は金額の割に良い仕事をする100均餌木のダ〇ソー君、デカイカの時はカンナが曲りバレやすいので注意です。


にほんブログ村 釣りブログ エギングへ