本日も陸っぱりエギンガーのブログにお越し頂き、大変にありがとうございます。

釣行日 2月17日~2月18日
満潮 22:34
干潮 05:21
潮汐 中潮

さて、更なる記録更新を目指して、先日のA級ポイントへ行ってきました。

現地入り前から分かっていましたが・・・、

強風。

雨。

時化。

最近の私の釣行に欠かせない3要素です。

こんな状態では、前回同様に餌木が何本あっても足りません。

私のYAMASHITA一家は絶滅寸前です。。。
違うメーカーが2本紛れていますが。。。

IMG_0741



ロストする可能性が高い状態でメーカー餌木を使うのはもったいないので、今回は100均のダ〇ソー餌木で挑戦する事にしました。

もちろん今回の釣行も記録更新は真剣に狙っています。

しかしメーカー餌木に比べると。。。

見るからに安物。

カンナも弱そう。

色々と不満はありますが、

この餌木の最大のメリット、

無くしても痛くない。

それでも2本しか持っていないので大切に使用します。



こんな天候の中でも先行者さんがいらっしゃいました。

挨拶を交わし少し離れた所からキャストします。

数投目で早速のヒット。

少しドラグがなります。

足元まで寄せると800g位のアオリイカ。

階段降りて餌木を持って取り込もと持ち上げたら・・・、


「ぽちゃん。。。」


身切れリリース。

横着をせずにタモを使うべきでした。。。反省です。


しかしこれで100均餌木でもヒットする事が分かりました。

もう一度、同じ所にキャスト。

強風の中でもラインが引き込まれていきます。

せーので合わせを入れてヒット。



CIMG9097


900gのアオリイカ。
取りあえず本日の1杯目ゲット。


その頃、先行者さんが帰られたので、その釣り座へ移動。

気が付けば、

釣り人は私一人。。。

強風、雨、時化の三拍子が揃った状態では、誰も釣りをしようとは思わないのでしょう。。。


寒さも加えると罰ゲームみたいな天候です。


私だってもっと近くに住んでいるならば、今日の海を見て釣りをしようなどと思いませんが、

もしかしたら「風無いかも?」「雨降ってないかも?」などと妄想しながら、

片道2時間近くかけて来ているので、

現地入りして予想通りだから帰りますという訳にはいかんのです。


このポイントを知ってから、初めて貸切状態の釣り場になりました。

貸し切りなら風向きやラインを気にせず、何処へでも投げてフリーフォール出来るので気が楽です。

100均オレンジ餌木で反応が無くなったので、今度は赤へ変えてフルキャスト。


しっかりボトムまで落として、


2段シャクり。


しばらく放置からの、


ダート・・・、


「ゴツッ!」



何かに根掛かりしちゃったと思った瞬間。


「ジ~~ヂ~~~~~」


ドラグが止まりません。。。


過去に経験が無いくらいの勢いでラインが出されます。


このままじゃライン無くなるかもって思うくらい、何かは走り続けます。


ドラグの逆回転を眺めているときの心臓バクバク感っていったら、


不整脈じゃないかってくらいです。


しばらくしてラインが止まったので、慎重に寄せに入ります。


当然の事ながら、


私、この何かの正体を知っています。


この前、お隣のエギンガーさんが2kgちょいを上げられた時になっていた引き具合にそっくりです。


しかも今回の私の方が、走り方というかラインの出され方というか勢いが強いです。


おそらく、


否、間違いなく、


あの2kg越えです。


何度もジェット噴射で寄せては離れを繰り返しますが、


慎重に丁寧に寄せます。


時間を掛けて足元へ寄せ、ライトで照らし見てみると、


胴長40cmオーバーのデカアオリ!


興奮冷めやらぬまま、タモを伸ばしていたら、



いつもは一節ずつ押し出しているのに、



今日に限って「しゅるしゅる~」ってタモを伸ばしちゃって、




「ガシャッ!」と




烏賊さんを直撃Σ(・ω・ノ)ノ





タモには・・・、





餌木しか入ってないし(゚ロ゚;)エェッ!?





バレたがな。



やりきれんです。。。。


まぢで、やりきれんです。。。


直後、近くに投げてフォローを入れたのですが、全然違うアオリが乗ってきやがります。。。

「君じゃないし・・・。」

どうやら私に2キロは早かった様です。


あと100均餌木のカンナ弱すぎです。。。

クニャってなっていました。。



その後、1,300gから300gまでヒットさせますが、デカイカさんの後では感動もありません(。-_-。)


タモ入れ完了まで油断してはいけないと学びました。


CIMG9104



結局、先のデカイカには会う事は叶わず、謎の高切れを起こし、人も増えてきたので納竿としました。

今日は寄せ中のバラしも多く、腕の無さを痛感した釣行となりました。


CIMG9113



次こそ2kgを。