本日も陸っぱりエギンガーのブログにお越し頂き、大変にありがとうございます。

前回の続きになります。

CIMG8987



運良く一級釣り座に入る事が出来たので、ここから釣果を伸ばしたい。

気合いを入れてキャスト開始!


相変わらず横からの強風。

海がうねっていて潮目が把握出来ませんが、とにかく投げまくります。


足元までダートさせて、

引き上げようとした時、

事件発生。


ラインがグッと引き込まれ、

ドラグが鳴りますΣ(・ω・ノ)ノ

絞り込みが半端無く、

ドラグが出ます。


その正体は、


間違いなく、



ワタクシ人生初の、



胴長42cmの、



CIMG9055


キロアップ‼︎

おチヌ様!!


はっきり言って驚きました。

私、餌木でエソしか釣った事がありませんでしたので…。

魚のビクビクって感じじゃなくて、真下にスドーンって感じでした。

しかも器用にカンナだけ咥えています。

外道ですが珍しかったので紹介させて頂きました。



気を取り直して、渾身のフルキャスト。

ボトムより上、中層より少し下を意識してダートさせます。

その時、


事件発生。


ジィーって、ドラグが出されます。


私は慌ててしまい、引っ張られた反動で、

竿を倒してしまいました。。。


が、


どうやらフルフッキングが決まっているようでバラさずに済みました。


しっかりと竿を立てて、


生命反応を伺うと、


大有り!



寄せている間、何度もジェット噴射されます。


必死に足元まで寄せて、タモを伸ばすと海面までギリギリ届くくらい。


イカが縦になってしまっていたので、タモ入れに相当苦労しましたが、




CIMG9060


1.6kg




初キロアップ!


エギングをというか釣りを始めて3ヶ月半…、

やっとキロ超えアオリイカを釣る事が出来ました。

初めての力強い引きに驚き、ジェット噴射を楽しむ余裕もありませんでした。。。


そして更なる記録更新を目指して、

同じポイントへキャスト。


すると同じようなタイミングで、


ラインにテンションが掛かり、


合わせを入れると、


また、


ドラグが「チリッ!」となるではありませんかΣ(・ω・ノ)ノ

CIMG9069



1,030gのアオリイカ。


意外というか、


あっさりと連続キロ超えしちゃいました。



それから、群れが入ったのか、地合突入したのか、何なのか分かりませんが、

釣れまくり。


それも何故か、


私だけ。



サイズは300gから1kgまでのアベレージ500g超えくらいでしょうか。

途中から何杯釣ったか分からなくなり、釣ったイカを3段スカリに入れる際、

海から引き上げる時にイカの重量で「重ッ。」ってなっていました。

夜明けまでの間、私の一人勝ちタイムが続き、

隣、近所のアングラー様から、「そんなにイカいらないでしょっ。」って

非難され始めました。。。

私は数よりもサイズアップを狙ってエギングしているので、数釣ったから帰れと言われても、そうはいきません。

サイズアップするかもしれない、素晴しいゴールデンタイムに納竿なんて出来ません。

周りの皆さんも一生懸命シャクり倒されていますが、


今日は何故か、


申し訳無いくらい、


私しか釣れてない。


申し訳無いですが、今日はそんな日だと割り切って欲しいのですが、


そんな雰囲気のかけらありませんでした。

周囲の目が非難から敵意に変わる前に何とかしなくては。。。

等々、いろいろ考えた挙句、

隣、近所さんに、釣れたアオリの配給サービスを開始しました。

一杯釣ってはお隣さん。

もう一杯釣ってはご近所さんと。

一通り配給が完了した頃には、皆さんが私を応援して下さるくらいフレンドリーな関係になれていました。

賄賂ご近所さんへの挨拶がてらの贈り物って大切だなって改めて思いました。

しかし、更なるサイズアップには出会えず、

空が薄っすら明るくなってきた頃からアタリも無くなったので納竿としました。

良い釣り座に恵まれた事に感謝!


CIMG9071



帰宅後、総重量を測りましたら、

『10kg超』

スカリが重いはずです。


おチヌ様は刺身になって頂き美味でした。

次こそ2kgを目標に頑張ります。


にほんブログ村 釣りブログ エギングへ