陸っぱりエギンガーのblog

陸っぱりエギングのアオリイカ釣果記録を綴っています。

2015年04月

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ


釣行日 : 4月28日 ~ 4月29日
時間  : 23:00 ~ 10:00
潮汐  : 長潮~若潮
干潮  : 00:00くらい
満潮  : 06:50くらい
場所  : 佐賀県唐津市呼子周辺


仕事に追われ、気が付けば4月も終盤。

すっかり月一エギンガーになってしまっています(´Д⊂)

先日、仕事に穴があいたので、我心の師匠であるK様を強引に誘い、私の車で釣り場まで拉致してきました。

K様、本当にすみませんでした。

久しぶりの釣行で近況情報が分からず、K様ならばと見込んで拉致させて頂きましたヽ(・ε・)人(・ε・)ノ


最初は前回、私がアオリを釣ったポイントからスタートしようと思い現地入りしてみると、

先行者有りでアウト。

干潮潮止まりのタイミングでもあったので、潮が動き始めるまでの時間潰しで、隣の地磯へエントリー。

夜光虫がピカピカで潮はタルタル。

釣れる気しないなぁって思いながら、1時間程シャクッてみましたが、

案の定、


生命反応無しdeath('A`|||)


潮が動き出す時間帯になったので、

加部島へ移動。

朝マズメまでやり抜く覚悟で簡単に移動できない場所で、かつ絶対に先行者が居ないだろうポイントへ向かうため山道を遠足。

険しい山歩きをして到着したポイントは、当然ながら無人。

我先にとキャストポイントに立って海を見渡すと、


ガッツリ赤潮Σ(・ω・ノ)ノ


もう、すごいんです。赤潮が。。。

餌木が穢れちゃうんじゃないのってくらいの赤潮。。。

ここまで遠足して、これないんじゃないのって言いたくなるくらい赤潮。。。


ここは本来潮が効き過ぎるくらいのポイントなので、潮が動き始めれば赤潮も落ち着くだろうと思い、

取りあえず、適当に餌木投げて様子を見る事に。

で、1投目。。。


海面ピカピカ(;´Д`)


過去一番の夜光虫でした。

船が通ると波がライトアップされて、どんなにぼろい漁船でもとても美しく幻想的に見えます。

波のイルミネーションってやつを堪能してきました。

そんな幻想的に海に向かってひたすら餌木を投げ込みます。

そして朝マズメが近づくにつれ潮も動きだし、いい雰囲気になってきました。

が、

いい感じだった潮は、ノンストップで走りはじめ、

最後は4号餌木が着底できないくらいの激流。。。

当然、

生命反応を感じる事は出来ませんでした。

すっかり朝になり時間は午前7時。

大変な思いをして辿り着いたポイントでしたが、

ここでの釣果が見込めないので、K様に我が儘を言い別のポイントに案内して頂きました。


居れば数投で乗ってくるはずという岬のポイントへ到着。

300円というプレイ料金を支払い釣り座を確保し数投してみましたが、

誰も居ないようでした。。。

300円も支払いましたが、30分ほどで見切りをつけて車に戻り作戦会議。

しかし、疲労と睡魔でまともな案が出ない。。。


仕方なく私の県外ホームを本日の最終ラウンドと決めて移動。

運が良い事に無人(´∀`)

ですが、ここも、

結構な赤潮(≡ω≡.)

こんな状況、普通なら餌木投げるまでもなく移動ですが、

私達は此処を最後と決めていたので、とりあえず30分くらいやってみようということでキャスト開始。

嫌な横風が吹いていましたが、時折、風が止むタイミングを狙いフルキャスト。

数投してみましたが、アタリも触りもないので、

この1投をラストと決めてフルキャスト。


ボトムからの全層シャクリでテンションフォール。


・・・異常無し。


ボトムからの2段シャクリから弱テンションフォール。


・・・ラインに違和感。


疑わしきは鬼合わせ!


堅めのドラグが「チリリぃ・・。」


生命反応は、


大有.。゚+.(・∀・)゚+.゚


しかしまたしてもドラグ緩めるの忘れてた。。。


久しぶりのファーストランを楽しみたかったです。


それでも久しぶりの良型の引きを堪能して釣れたのは、


20150429_092702


今シーズン最高の1450g (*´∇`*)

目標の2kgには、まだまだですが釣れてくれた事に感謝。



その数分後には、K様の竿が大きく弧を描いています。

キロアップの触腕フッキングが漢前過ぎたので記念写真。


20150429_094133


取り込みの際にジェット噴射連発で、バレてしまうのではないかと心配していましたが、さすがK様。

何事もなく取り込み成功(・∀・)


今回は海の状況が良くなく、2人揃ってホゲを覚悟した釣行でしたが、何とか2人ともキロアップで終了する事が出来ました。

次回からは地元糸島で頑張ってみようと思います。

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ


釣行日 : 3月31日 ~ 4月1日
時間  : 23:00 ~ 09:00
潮汐  : 中潮
干潮  : 02:00くらい
満潮  : 07:00くらい
場所  : 佐賀県唐津市鎮西町周辺

エイプリルフール前夜、妻より料理の材料に烏賊が欲しいから釣ってきてとお願いされました。

嘘かと思いましたが、どうやら本気みたい。

という事で急きょ「食糧調達」の命を受け出撃する事になりました。


どんな理由であれ出撃許可が出るのは有難い事なんですが、天気予報をチェックしてみると、


曇り時々雨


南の風


風速


7m Σ(゚д゚;)


春の嵐ってやつですな。。。。


風は強いですが、幸いにも南風。

呼子方面なら入れるポイントは多いだろうと思い、取り合えず県外ホームへ向かって車を走らせます。



この漁港は波止が北向でないので、今日の風向きだと、斜め後ろからの追い風。

相性が良いポイントというだけでベストとは言えませんが、我が家の食糧調達班隊長としてホゲる訳にはまいりません。


横風じゃなければ、釣りになるはずと信じて波止に上がると、

体を揺さぶられる位の風。。。

竿先も風に煽られて上手くテンションフォールが出来ません('A`|||)

時々、風がおさまる時があるので、そのタイミングを狙って頑張ってみましたが、アタリすらない状態で干潮を迎え、一旦、車に戻り作戦の練り直し。

天気予報で風情報を確認してみると、

午前3時から6時くらいまでは、風も天気も安定していそうだ。

上げ潮タイムと朝マズメのタイミングが重なる激熱ゾーン。

このタイミングに賭けるしかない等々、考えている間に、


まさかの、



寝落ち('д` ;)


迂闊でした。。。


で作戦タイム中に車内の窓を少し空けてたみたいで、

この時期には珍しい、

蚊が数匹侵入し、

あちこち刺されて痒くて目覚めると、


AM 06:00 Σ(・ω・ノ)ノ


やっちまいました。

間抜け過ぎます。


更に追い討ちをかけるようにベストポジションは既に満席。

ここでの食糧調達は難しいと判断し移動を決意。


重要な上げ潮タイムを無駄にする訳にはいかないので近場を選択。

向う先は前回の釣行で再戦を約束したアオリさんがいる地磯へ。


現地に到着し、磯入りしてみると、幸いにも先行者無し。

先週と同じ釣り座からキャスト開始。

「どうか、先週見たアオリさんが拐われていません様に。」と祈りつつシャクります。

餌木をローテーションしながら、探る棚も変えながら先週のアオリさんを誘いますが、

相手先無応答。。。


それでも居る事を信じて数投しますが、アタリすらなく釣れるのは海藻ばかり。

結局、何事もなく満潮潮止りとなり、濃い目のホゲ臭が漂ってきました。

ヤル気なくシャクりながら、先週の事を思い出していました。。。

キャストポイントは、あの辺りで。。。

棚は10秒くらいで。。。

餌木は・・・、

ガラパタの緑だったなぁ・・・Σ(=゚ω゚=;)

ワタクシ、この地磯でひたすらYAMASHITA餌木を投げていました。

早速、先週反応があったガラパタの緑を装備しキャスト。

ポイントも棚も先週と同じにしてボトム付近を流していたら、


ラインにグッと重みが乗り、


条件反射の鬼合わせ!


で、


ナイスフッキング(・∀・)


引き具合からアオリ決定。


この貴重な1杯をばらさない様に慎重に寄せて、丁寧にタモ入れまでして釣り上げたのは、


P1050463


春には遠い620g(´・ω・`)


サイズに満足は出来ませんが、家族分のおかずとしては、ちょうど良い大きさ。

とにかく釣れてくれただけ有難い。


この1杯を上げた所で仕事へ行く時間となり磯上がり。

取りあえず食糧調達班隊長としての面目は保つことが出来ました。


次回こそ春イカを(。・ω・)ノ゙

このページのトップヘ