陸っぱりエギンガーのblog

陸っぱりエギングのアオリイカ釣果記録を綴っています。

2015年02月

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ


釣行日 : 2月14日 ~ 15日
時間  : 21:00 ~ 09:00
潮汐  : 若潮
干潮  : 23:30くらい
満潮  : 06:30くらい
場所  : 長崎県松浦→佐賀県唐津市鎮西町

昨晩、ウチの奥様から『帰宅時唐津バーガー購入条件付出撃許可』が出たので何となく出撃しました。

いつもの松浦ポイントからスタート。

先行者多数。。。

取りあえず釣り座を確保するも海面には夜光虫がピカピカ。

ついでにヘッドライトを点けたままシャクるエギンガーがウロウロ。。。

潮もタルタルで、

全く釣れる気がしない(´・ω・`)


気分転換に移動を決意。

たまには鷹島の地磯に行ってみるかという事で、

松浦から55kmを気合いで走破し、無事に鷹島の地磯へ到着。

先行者無し。

一番潮通しの良さそうな釣り座からキャスト。

しかし、2投目で痛恨の根掛かり。

頑張って救出を試みるも、

PEからプッツン(TДT)

足元オキアミだらけの深夜の地磯でノットを組んでいると心が折れそうになります。

そして、

しばらくキャストしているとラインに違和感。

リールを見ると立派なアフロが出来ていました(泣)

どう見ても解く事は出来なさそうなアフロだったので、

泣く泣くPEからカット。

またノットを組む羽目に。。。

根掛かりに注意しながらも「次にPEから切れたら磯上がりしよう。」と心に決めた。

その次で、流れ星を探して空を見上げている間に、

まさかの根掛かり。

頑張って回収を試みましたが、あえなくプッツンさせてしまいました。。。

とりあえず今晩はアオリは諦めよう。

ターゲットをアオリからヤリに変更し、

筒系狙うなら呼子周辺かなと思い、唐津市鎮西町まで戻ってきました。

が、

私が知っているメジャーポイントは、人が多過ぎて竿出しする場所がない。

何処に行っても人ばっかりで、

だんだんヤル気が無くなって、

今晩の釣果なんかもどうでもよくなってきて、

でも、せっかく来ているので竿出さなきゃ勿体ないので、

ホゲるの覚悟で無人の地磯へエントリー。

当然、先行者無し。

群れが入る事を願いつつ表層から中層で餌木を通し続けましたが、

音沙汰無し('A`|||)



少し釣り座を移動しシャクッていると


微妙なアタリ!


すかさず合わせてフッキング(・∀・)


引きの弱さから、


釣れたのはヤリ。



P1040982


胴長30cmくらいですが、今宵は貧果の為、


当然、キープ。



そして同じポイントへキャスト。


フォールカウントも先程と同じでシャクると・・・、


案の定、ヒット!


さっきよりも少しサイズアップ(*´∇`*)



P1040983



この地合であと5杯くらいは抜いてやるぜ!と息巻き同じポイントへキャスト。


すると何時の間にかエントリーされていた後行者さんが私の投げているポイントへ


躊躇なくラインクロス攻撃。


そして、


ガッツリとお祭り。。。


かなりムカつきましたが、大人の対応で処理。


それより急いで餌木を投げ込まないと。。。


しかし、時すでに遅し、


その後は異常無し。


久しぶりに私のヤル気スイッチがブレーカーごと落ちました。


一晩走り回ってヤリ2杯とは。。。('A`|||)


狙いのポイントにさえエントリー出来れば、もう少し、まともな釣果が出せたかもしれません。


週末は人が多いので次回より平日釣行を検討しようと思いました。


本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

昨晩、いつになく上機嫌の奥様より『条件付き夜間出撃許可』を拝受し、懲りずにまた松浦まで遠征してきました。

釣行日 : 2月5日
時間  : 00:00 ~ 09:00
潮汐  : 大潮
干潮  : 03:40
満潮  : 09:59
場所  : 長崎県松浦市

出発前に天気予報をチェックした所、曇り時々雨、西の風4mと気にするほどの崩れではないと思いながら現地に到着してみると・・・。


やっぱり、


大荒れ(;´Д`)


時折、よろめきそうになる位の強風が西から北からと交互に吹付けています。。。


しかし、そんな中でも肚の座った先行者さん達はいらっしゃいました。


私が準備している間に雨が降り始め、やがて雪に変わっていくと、


先程、感心したばかりの先行者さん達の姿は無く、


残ったのは、私、一人だけ。。。


私はゴアテックスの上にコンビニ合羽を羽織るので、


雨とか雪とか気にしませんしない様にしています(´・ω・`)



取りあえず、いつもの釣り座に入り、西からの向かい風にフルキャスト!


4号餌木でも飛ばない。


しかも向かい風のせいで餌木の戻りが早すぎる・・・。


この環境は久しぶりにホゲの匂いがしてきます。


アタリが取れるのは足元に寄せてきた時の最後のシャクリくらいで、


餌木が離れている時は、強風が私の意思とは無関係にラインをひっぱり、


オート水平フォールをしてくれている様です。


しかし風任せではアタリを取ってくれないので、


自分で水平フォールしていたら、


ラインが、


「ゴフッ」と入り、


反射的に合わせてフッキング!


ほら、頑張っていたら良い事あるんですよ。


力強い小刻みな引き具合、


もう少しで海面に見えてくるかなぁってタイミングで、



強烈な西風と北風が交互に吹付け、



体が揺さぶられて釣りどころではありませんでしたが、



この貴重な1杯をバラすまいとラインテンションだけは緩めない様に頑張って釣り上げたのは、



今シーズンのアベレージ700g位の、




・・・、









P1040907


悶々。。。ヽ(#`Д´)ノ



はぁ。松浦まで悶々釣りに行く基地外は私くらいでしょう。。。


そもそも、この松浦のポイントでは、アオリシーズン終了時に釣れ始める悶々。


悶々の到来はアオリシーズン終了を告げる招かざる使者。


まだアオリも始まっていないのに何しに出てきちゃったのかしら??


ここ最近の渋い釣果を全て悶々のせいにしたくなってきました。。。


しかも突風が納まるまで、水際で悶々と格闘しちゃったので、


釣り座の正面の海面は真っ黒。。。


何だか釣れる気がしなくなったので、一旦、車に戻り作戦を練る事に。


天気予報では、この天候や風が良くなる気配は無し。


おそらく雨が降っている間は、他の釣り客も来ないだろう。


風が強すぎて潮が動いているのかどうかも良く分からん状態。。。


となれば、きっと潮が動くだろう干潮から上げに変わるタイミングしかない。


干潮まで1時間ちょっと、


車内待機で自分に暗示をかけます。


また悶々がアオリは釣れる(´∀`) 」 と・・・。


万全のメンタルで干潮時間よりシャクリ始めます。


雨が止んで、時折、雲の切れ間からお月様が見えたり見えなかったり。


風も安定した向かい風になりました。



それからしばらくして、何となく潮が効いてきたかなと思い始めた矢先に、


「パチッ!」と烏賊パンチらしきものを感じ、


足元まで丁寧にシャクッていたら、


グッとラインが入り、


竿先が絞り込まれます。


次は引き具合から間違いなくアオリです。


で釣れたのは、



P1040909


500gちょいの本命アオリさん。


サイズこそ小さいですが、多くのエギンガーが撃沈されて去ってゆく今晩としては貴重な1杯。


ちょうど、これを釣っている最中に車でやって来られたエギンガーさん達に目撃されてしまい、


「今日は釣れるんだ。」と誤解を与えてしまったようで、


貸切状態だったポイントのエギンガー密度が一気に上がってしまいました。


釣りにくくなったのとホゲ逃れの1杯を釣って安堵したのか、


猛烈な睡魔に襲われ、


車に戻って仮眠。


起きたら、


何と朝8時Σ(・ω・ノ)ノ


すっかり朝になってしまいました。


貴重な朝マズメタイムを逃して心が折れてしまい、帰る準備をしていたら、


このポイントにいつもいらっしゃる常連オジサマから声を掛けられ、


ここ数日間、連日昼間にキロアップしている釣り座を教えてもらいました。


なんと昼間にキロアップ(゚∇゚ ;)エッ!?


それは挑戦せんばやろ!という事で、


1時間限定の残業エギングを開始しました。


足元まで寄せていて驚いたのが、


この時期にワラワラ艦隊が出現してきたことでした。


100g~300gぐらいのロリが10杯くらい群れて、私の餌木めがけてダッシュしてきます。


これは沖漬けファンにはたまらん光景だろうなと思いつつも、


私の狙いは、あくまでキロアップ。


ロリに本気を出している場合ではありません。


向かい風にフルキャストして、ボトムをとってデカイのがアタックしてくるのを待ち構えますが、


アタリすら無し。。。


時間も無くなってきたので、とりあえずワラワラ艦隊で一番デカイのを連れ去ろうと思い、


誘っていると、


狙いのアオリが、真っ黒になるほど喰い気を上げて、私の餌木を追いかけてきます。


もう少しで抱くなぁと思った瞬間。


近くにいた超マイクロが横入り。


4号餌木で100g無いスーパーロリを乗せちゃいました(涙)


オートリリースしようとしましたが、しっかりフッキングが決まっているようで外す事が出来ず、恥ずかしいので誰にも見られない様に注意しながら抜き上げてリリースしていると、


その一部始終を常連オジサマに目撃されていたようで、


爆笑される始末('д` ;)


完全にやる気がなくなり撤収しました。


最近、私の地元糸島でも細長いのが始まった様なので、渋い釣果と分かっていて遠征するより、糸島で数釣りもありかなぁ。。。

本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

年末から前回までの釣行でウチの優しい奥様が終にキレてしまい、『釣り禁止令』が発令されてしまいました(TДT)

ウチには手の掛る幼児がいるので当然と言えば当然。

今までの愚行を反省しつつ真面目に仕事と家事手伝いをしている私を憐れに思われたのか・・・、

「夜釣りに行かれるのは嫌だけど、昼間だったら行っていいよ。」と、

『釣り禁止令』が『条件付き出撃許可』に緩和されました(・∀・)

しかし、

しかしです。

エギングしかしない、しかもアオリしか狙っていない私に今時期dayエギングを許可してもらっても仕方ありません。。。

この時期、昼間に陸っぱりからアオリが釣れる場所は、

え~っと、

え~っと、

あるのでしょうか??

私の知る限り、思い当りませんヽ(TдT)ノ

せっかく頂いた『条件付き出撃許可』でしたが、出撃先を見つける事が出来ず、また悶々とした日々を過ごしていたら、

「何で釣りに行かないの?」と奥様に尋ねられ、

昼間は釣れる気がしないという事と何故、夜に烏賊が釣りやすいのかという事を丁寧に説明した所、特別にnight出撃許可が下りました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

前置きが長くなりましたが、先日の釣行結果になります。

釣行日:1月31日
潮汐 :中潮
満潮 :19:06
干潮 :25:23
場所 :長崎県松浦

前回、渋かった松浦のA級ポイントでリベンジする為に片道80kmを疾走。

20:30過ぎに現地入り。

雨こそ降っていませんが、嫌な横風が吹きつけています。

先行者はスッテでアオリ狙いの常連オジサマ1人。

挨拶を交わし隣に入らせてもらいます。

オジサマは夕マズメから入っているそうですが、今日は誰も釣れていないとボヤかれています。

特に今年は遅れているのか、個体数が少ないのか、去年と比較して型も数も渋すぎるそうだ。

横風と同じ方向に潮が流れているので、すぐにオジサマの電気浮きが私の前に流れてきます。

私の釣り座は、すぐ横にブイがあるので、気持ち良く流していたら、

もれなくブイが釣れます。

横風のせいでストイックな環境ですが、時折、横風が弱まったタイミングでラインテンションに細心の注意を払います。

こんな事を1時間くらいやっていたら、

疲れて萎えました(´・ω・`)


諦めて帰ろうかと思った時に、

オジサマ、夜食の為にしばらく休憩との事。


(゚∀゚)


このタイミングは逃せません。


多少の横風でもキャストスペースがあれば、何とかアタリを取る方法はあります。

取りあえず、本気モードという事でYAMASHITA餌木王K4号を装備します。

ラインスラッグを出さない様にサイドスローちっくに遠投。

ボトムから中層をダートさせます。


数投目でラインに違和感を感じ合わせますが、


横風のせいでした。。。


しかし、足元まできっちりシャクリ寄せていると、


ひったくるアタリ。


ピシャッと合わせたつもりでしたが、フッキングに至らず。


次も同じコースを同じようにシャクっていると、


ラインに違和感。


確信はありませんでしたが鬼合わせ(`・д・´)


ナイスフッキング。


なかなか力強い引き具合で釣れたのは、



P1040866


800gで残念、キロタリナーズ ('A`|||)


しかし、周りが渋い中では貴重な1杯。

取りあえず、アオリが居ると分かれば、自然とモチベーションはUP。

サイズアップを狙います。


横風でラインが流されない様に竿先を海面に付けてアタリを取りやすくしていますが、

干潮に向かい潮位が下がっている為、私の姿勢は中腰。

いい加減、腰が壊れそうです('д` ;)

が、

オジサマが釣り座に戻ってくるまでの限られた時間。

サイズアップの1杯を釣る為に我慢します。


遠投からの3シャクリ目で、


ラインをひったくる明確なアタリ。


サクッと合わせてフッキングさせますが、


引きの弱さから何となく予想できます。。。



P1040867


2杯目お決まりのサイズダウンで400g (≡ω≡.)


これを上げた所で、オジサマが釣り座に戻ってこられました。

取りあえず、2杯釣ったし、横風で釣りにくいし、

で、

撤収しようかと思いましたが、時間は24時前。

全然、帰り道ではありませんが、いつもの鎮西町の県外ホームを偵察しようと移動する事に。

松浦のポイントから県外ホームまで45km。。。

頑張って運転し、県外ホームに到着。


なんと・・・、


満員御礼Σ(゚д゚;)


加部島並に細長いのが釣れてるのかなと期待し、最寄りの先行者さんに釣果を伺いますが、

「何も釣れません。」との回答。

しばらく眺めていましたが、

確かに、

誰も釣れていなさそうでした (´д`;)


貧果ですが連勝記録に土を付けたくないので、

負け戦は回避し帰宅しました。。。

深夜の長距離ドライブはしんどかったです。


次回もnightエギングへ行かせてもらえる様に真面目に慎ましく生活しようと誓うのであります(p_q*)

このページのトップヘ