本日も陸っぱりエギンガーのブログへお越し頂き、大変にありがとうございます(*・ω・)ノ

先日、D様コラボからのN様コラボエギングという長時間エギングにて修行してきました。


釣行日:11月15日~16日
時 間:22:00~12:00
潮 汐:小潮
場 所:唐津市鎮西町周辺~松浦市鷹島


夕マズメから現地入りされているD様に遅れる事数時間。


場所は前回の釣果に味を占めて、いつもの県外ホーム。


D様に状況を尋ねると「潮が動かないので全くダメ。」だと('A`|||)


毎回、素晴らしい釣果を出されるD様が、このポイントはアタリすら無く、今日は駄目だろうと仰います。


いつもなら竿も出さずに即移動したい所ですが、今日はそういう訳には参りません。


何故なら呼子をはじめ生月などメジャーなポイントでも今日は駄目という噂なので・・・、


他に移動する場所がありませんヽ(TдT)ノ


今日みたいな日は何処でやっても一緒だろうと考え、私にとって一番相性が良いこのポイントで頑張る事にして早速エギング開始。


横から後ろからと厄介な風のせいでアタリが確認出来ません。


そんな2投目。


いつもの様にテンションフォールさせているとラインが引っ張られます(゚∇゚ ;)エッ!?


疑わしきは鬼合わせという事で、1,2の3で・・・、


スカッ。。。。


風の仕業でした。


そんな感じで時間だけが過ぎ日付が変わっていきます。


いつもなら今日という日に見切りをつけて帰宅するのですが今日は駄目なんです。


AM05:00よりN様と、ここでコラボエギングを約束しているからです。


しかし今日の潮の状況で此処まで来てもらうのは申し訳ないなと思いながらも、秋烏賊がいますよ的な結果が出せないものかとひたすらシャクリ続けます。


そしたら・・・、


フォール中に、


モゾッとなって、


漢らしくピシャッと合わせたら、


餌木に付いていたのは、


タコ足。。。


釣れたてのタコ足は新鮮でウネウネしながらカンナに巻き付いて、


それはとてもとても、


気持ち悪かったです(´・ω・`)


私、タコが釣れちゃうとホゲるというジンクスの持ち主でして、このタコというかタコ足をどの様にジャッジするか迷いましたが、これは「タコではない。」という判定にさせて頂きました。


気を取り直してシャクリ続けます。


全神経を穂先からラインテンションに集中させます。


またしてもフォール中に・・・、


「コツッ!」


反射的に鬼合わせ!


釣れたのは、


殉職餌木(TДT)


あまりに潮が動かないのでD様と相談し、近くのポイントへ様子見に移動となりました。


到着し、


取りあえず竿出しますが、


ここも潮が動いていない・・・。


竿出していた時間と移動時間と同じくらいと言えるほどの速さで、もとの場所へ戻ってきてしまいました。


気が付けばAM04:00。


D様撤収。お疲れ様でした(´∀`*)


間もなくN様より入電。


ここで朝マヅメの奇跡に賭けるか駄目もとで移動するか悩みます。


因みにN様は松浦市鷹島と相性が良いらしく、事あるごとに「鷹島へ行こう。」と仰います。


という事で、目的地を鷹島へ変更。


N様と私、それぞれ鷹島を目指します。


あと10分程で目的地というところで、


まさかの、


強烈な睡魔。


あっさりK.O されました・・・(≡ω≡.)


10分だけ眠るつもりが、気が付けば、


1時間経過。。。。


朝マズメのゴールデンタイムを逃して、トホホな感じで現地入り。


既に竿出されているN様に挨拶し、横に並んでフルキャストします。


なかなかの追い風が餌木を彼方へ運び、無駄に竿先をしならせます。。。


アタリが取れない。。。


しかし、これだけ長時間やっててホゲる訳にはいきません。


秋烏賊がいる事を信じてシャクリます。


しばらくして隣のN様にアタリがあったそうですが、まさかの根掛かりでラインブレイク。


タックル組まれている間、N様のポイントへ餌木を投げてみると、


・・・、


・・・、


・・・、


P1040505


釣れちゃったΣ(・ω・ノ)ノ


N様が寄せて活性上げて、


私に釣らせる!


なんて接待上手なんでしょう。


管理職の鏡です!


横取りするつもりでは無かったのですが、すごく申し訳無い気持ちになっちゃいました(´・人・`)


取りあえず烏賊が居るという事が分かったので、ヤル気スイッチONです。


P1040510

写真はヤル気スイッチONのN様。


しばらくすると足元にコロッケサイズがワラワラと湧いてきます。


ベイトを追回して果敢にアタックしています。


こんなコロッケを釣りたくない一心で遠投。


ボトムは取らず中層から表層を緩急付けながらシャクリます。


そしたら・・・、


P1040512

3.5号の秋烏賊が釣れました('д` ;)


まさかのサイズダウン。。。


早生まれのお兄さんを連れてくるように言い聞かせて優しくリリース。


しかし、サイズアップ出来ないまま納竿時間を迎え終了。


今回の釣行で5ヶ月くらい前に購入したロッドとリールに墨付けする事が出来ました(´∀`*)


P1040508



私は未熟なくせにリールは店員さんお勧めのハイギヤ仕様を買ってしまい、当然使い慣れたノーマルギヤのリールと比べると使いにくくて、つい使い慣れたロッドとリールばかり使用していたので、墨付けが完了していない事をすっかり忘れていました。。。


次はもっと大きな墨を付けれる様に頑張ります。
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ